MENU

【加藤清史郎】英語力が高い理由5選!動画で実力を調査!

『こども店長』で大人気だった子役時代を過ごした加藤清史郎さんですが、21歳になった今、英語力が高くて通訳要らずのレベルなんだそうです。

加藤清史郎さんと言えば、子役時代の印象が強くて、成長した姿をあまり見かけないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、加藤清史郎さんの英語力が高い理由とテレビ出演してない期間についても調査しました!

目次

【加藤清志郎】英語力が高い理由5選!

加藤清史郎さんは、通訳を通すことなく英語でコミュニケーションが取れるほどの英語力を身に着けているようです。
どこで高い英語力を身に着けたのか見てみましょう!

①イギリス留学

加藤清史郎さんは、2017年4月~2020年3月まで、イギリスの『帝京ロンドン学園』に留学していました。

生徒は全員日本人だそうですが、授業の約半分は英語で行われます。学校の特色として、実践的な英語力を身に着けるため、英国人教師による英会話の授業を多く取り入れているんだそうです。

イギリス留学しながら、日本の高校を卒業した資格を得ることができるという帝京ロンドン学園では、少人数制や教師と生徒マンツーマンで取り組むチューター制度などがあります。

『英語を習得する』という意思があれば最大限のサポートを受けることができる学校のようです。加藤清史郎さんは、帝京ロンドン学園だけでなく、もう1つ学校に通っていました。

②現地の演劇学校に通っていた

加藤清史郎さんは、ロンドンにある『セントラルスクールオブスポーチ&ドラマ』という現地の演劇学校にも通っていました。

この学校は、高校からの紹介などではなく、現地の演劇学校のため、手続き・授業すべてが英語で行われます。この演劇学校に入学するための試験も英語なので、入学した時点で加藤清史郎さんの英語力はかなりあったと予想できます。

授業で、仲間と即興の芝居をするという課題で、英語が早くて聞き取れなくて自分から意見を言うことができず、言葉の影の大きさを実感した。

モデルプレスより引用

演劇学校では、5分のどの時間で芝居を考えなくてはならないということもあったそうです。その時は現地の英語を聞き取ることが出来なくて、悔しい思いをしたそうです。

③目的は演技の勉強だった

加藤清史郎さんがイギリスに留学したのは、英語を話せるようになることが目的ではなく、『役を高めるため』というのが1番の目的でした。

加藤清史郎さんが英語に興味を持ったきっかけは、小学校6年生の時のミュージカル『レミゼラブル』に出演したことでした。イギリス人から稽古指導を受けていましたが、通訳を介してのやり取りだったため、どうしても相手の意図が理解しきれていなかった。それで、いつか英語を学びたいと考えるようになったそうです。

ダイレクトに会話ができればもっと深い話が出来たり、役を高めて行けるのではないか?と考えての留学だったので、『英語を話す』というのはあくまでも目的のための手段だったことが分かります。

④イギリスで電車・バスに乗りまくっていた

加藤清史郎さんが留学していた帝京ロンドン学園は、ロンドン中心地から30㎞ほどのところにありました。そのため、電車やバスを使ってで40分ほどでロンドン中心部へ向かってミュージカルを見たり、映画鑑賞をしたりしていたそうです。

学校の中だけでなく、実際の生活でも英語漬けの生活をしようと意識して過ごしていたそうです。

さらに、高校では寮生活。サッカー部にも所属していました。帝京ロンドン学園は、サッカーの特進クラスがあるほどサッカーに力を入れています。そのため加藤清史郎さんは、試合に出れないこともあったそうですが、遠征でスペインに行ったり、日本とは体格が全然違う選手と対戦することもあり、とても有意義な時間になったそうです。

サッカーは運動しながらのコミュニケーションが必用なので、かなり英語力が鍛えられたのではないでしょうか?

⑤恋愛をしていた

加藤清史郎さんは、高校時代は遠距離恋愛をしていたそうです。イギリスと日本で時差があったため、日本の時間に合わせて早朝5時に電話していたそうです。

しかし、一時帰国して再会を約束したその日にドタキャンされてしまい、お別れすることになったといいます。ちょっと寂しいエピソードですね。

とはいえ、留学して一度もホームシックにはならなかったという加藤清史郎さんなので、もしかしたらイギリスで彼女ができていたのかもしれません。

恋愛が絡むと、英語力も飛躍的に伸びそうですよね。『イギリスで付き合っている人がいた』という話は出てきていないので、分かりませんが、そんな可能性もあるかもしれません。

【加藤清志郎】英語力は高いのか動画で検証!

加藤清史郎さんの英語レベルはどの程度なのでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして
SNOWです
日々の生活で「もうちょっと知りたいな」という時に読んでいただけたら嬉しいです!

コメント

コメントする

目次